2018年度保育士試験 ココが出る⁉ ①

 

2017年に日本の幼児教育・保育の基準となる「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」「幼保連携型認定こども園・保育要領の3つの法令の改定が行われました。

内容の変更に伴い、子どもたちが小学校就学前の姿を想定した「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿(10の姿)」が示され、具体的な姿や保育者の指導のポイントがまとめられました。

過去の保育士試験では、法令の改定が行われると、その後1~2年の間は、改定の方向性やポイントについての出題率が高まる傾向が見られます。

保育士絶対合格塾UKARUDEでは、そういった出題傾向やポイントを押さえた授業内容で、広い試験範囲でも、“出るトコ”だけに絞って学習できるから、合格に必要な知識だけを効率良く身につけることができ、仕事や家事で忙しい方でもムリなく学んで合格が目指せます。